患者さんの命を救うために

とても精密な医療機器の種類

異変が起こっていないかチェックする

身体の内部を見るための、レントゲンやCTの装置があります。
それを使うことで、外見で歯わからない異変にもすばやく気づくことができます。
見た目だけで判断していたら、大きな病気を見逃がしてしまいます。
ですから少しでも違和感があったら、病院ではレントゲンやCTを使って検査をしています。
まだ初期状態の異変でも、内部を見ればわかります。
早期治療ができるので、患者さんが助かる確率が高くなります。

メスやピンセットだって、立派な医療機器になります。
それらがないと、患者さんの手術を進めることができません。
大きな病気になると、手術をしなければ治療できないことが多いです。
注射器は、血液検査をしたり病気の予防をするために使う機会もあります。
予防接種を受けたことは、誰でもあると思います。
手術をする時は、痛みを感じないように麻酔をかけることも欠かせません。
麻酔をかける聞きも、医療現場で重宝されています。

簡単に手術を終わらせられるような機器も、医療現場に浸透しつつあります。
これまでは、人間がメスを持って手術をしていました。
ですが手術は経験を重ねていないと、技術も伴わないので新人に任せるのは不安を抱く人が多いです。
新人の医師自身も、経験を持っていないと手術に対する自信がないでしょう。
そんな医師でも簡単に手術できるよう、ロボットを導入する病院が増えています。
ロボットに任せればミスを減らせるので、新人でも手術をすみやかに進められます。

TOPへ戻る